にきびとストレスの関係

顎にきびは大人になってからできることが多いにきびです。かつて思春期特有の症状と言われたにきび。成長ホルモンの影響や、活発な代謝による過剰な皮脂分泌などによってできるものでした。

そのため皮脂の分泌量が多い鼻や額にできることが多いのが特徴でした。しかし、最近増えている大人のニキビは鼻と額以外にもさまざまな場所にできることが指摘されています。

近年大人のにきびが増えてきている原因にストレスが挙げられています。ストレス社会とも言われる現代社会。多くの人は日々の生活の中でストレスに晒されながら生きています。

ニュープロアクティブ


そんなストレスが蓄積し、ホルモンバランスを崩すことでにきびを発症させてしまうのです。とくに男性ホルモンの活動は要注意で、皮脂の分泌量を増加させる働きがあります。

大人にきびが女性の間に多いと言われているのももともと分泌量が少ないはずの男性ホルモンの量が増えていることが原因に挙げられます。それは女性の社会進出によるストレスの増加とも密接な関わりがあります。

そのストレスの影響がもっともでやすいと言われているのが顎にきびなのです。男性はアゴにヒゲが生えます。そこからもわかるように男性ホルモンの影響が大きい場所なのです。

そのため、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが顎にきびとなって現れやすくなっています。男性の場合はヒゲ剃りによる肌へのダメージも原因として挙げられます。

あごからこめかみ付近にかけてのラインは「Uゾーン」と言われ、鼻から額にかけての「Tゾーン」と並んでにきびができやすい場所として挙げられているほどです。

顎にきびが生理前にできやすい理由


また、女性の場合は生理前に顎にきびができることがあります。これもホルモンの影響です。生理前になると女性は黄体ホルモンという女性ホルモンの一種の活動が活発化します。

この黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きを持ち、皮脂の分泌量を増加させるのです。生理前になると決まって顎にきびができる、と悩んでいる人はこの黄体ホルモンが原因であることがほとんどです。

それからもうひとつ、内臓との関連も顎にきびの原因として忘れてはならないでしょう。顎は肝臓、腎臓などの影響が強いと言われています。これらの器官が何らかの理由で機能が低下している場合、顎にきびとなって現れることがあるのです。

このように、あごにきびの原因にはさまざまなものがあります。アゴにニキビができてしまった場合はまず何が原因なのかを把握し、相応しい対策をとる必要があります。

また、治療薬など、即効性の高い対策だけでは不十分で生活環境そのものを改善する根本的な対策が必要となるでしょう。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ