コラーゲンはたんぱく質の一種です。

コラーゲンとにきびの関係をきっちりと把握しておくことは予防・改善には欠かせません。コラーゲンといえば最近何かと話題になることが多い成分です。

肌の美容・健康の世界においてもっとも重要なキーワードといってもいいでしょう。スキンケア製品にもコラーゲン配合のものが多く、それが大きなセールスポイントになっています。

コラーゲンとはたんぱく質の一種です。これは皮膚の真皮の約90%を占めるとも言われている重要な成分です。このコラーゲンの量や割合によって肌の弾力、潤い、そして再生能力が変化します。

ニュープロアクティブ


加齢とともに肌の弾力が失われるのはこのコラーゲンの量が減ってしまうからなのです。そのため、スキンケア製品などでコラーゲンを補うことで肌の張り、若々しさを保とうというわけなのです。

コラーゲンとにきびの関係も同様です。にきびは毛穴に皮脂や角質が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖することによって発生するものです。皮脂や角質が詰まる原因のひとつが肌の健康の衰えによる代謝機能の低下です。

ですから、コラーゲンで肌の健康維持に努めることはにきび予防に重要な意味を持つのです。コラーゲンとにきびは改善にも重要な意味を持ちます。

にきびを早く治すための秘訣は肌の代謝、ターンオーバーを活性化することです。肌の再生能力を高め、正常な肌に戻すことがにきび改善の近道なるのです。

さらに、にきび跡にもコラーゲンは大きな役割を持っています。クレーター状のデコボコしたにきび跡は肌の再生機能が損なわれてしまったことが原因です。

その機能をよみがえらせるにはコラーゲンの働きが欠かせません。このように、コラーゲンとにきびは密接なつながりがあることがわかります。

コラーゲンがにきびに悪影響を及ぼすってどういうこと?


にきび対策でもっとも手軽にできるもののひとつがコラーゲンの摂取と言えそうです。最近ではスキンケア製品などで肌に直接塗布するだけでなく、食品などから摂取することで体の内面からも効果をもたらそうとする動きが出ています。

コラーゲンが含まれている食品の情報や、サプリメントなども多数登場、人気を博しているようです。ただ、ここで注意が必要なのがコラーゲンの過剰摂取です。

いくら肌にいい、にきびに効果があるといっても摂取しすぎると悪影響をもたらしてしまうことがあります。一般的に1日のコラーゲン摂取量は1日5000㎎程度と言われています。

これを超えてしまうと体内で消化しきれなくなり、さまざまな健康障害の原因なることがあります。最悪の場合、ニキビが逆に増えてしまうことも。

また、コラーゲンはたんぱく質です。採りすぎるとカロリーが増えてしまいます。どんなものでも採りすぎはご用心。コラーゲンといっても例外ではありません。

コラーゲンとにきびの関係をしっかり把握し適量を正しく摂取することによって効果をもたらしたいものです。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ