頬のにきびは悪化しやすいので早めのケアを

頬にきびは思春期特有のものと言われています。一昔前によく使われた言葉に「思いにきび」「思われにきび」がありました。これはにきびができた場所によって恋の占いができるというものです。

中高生の間で流行し、どこににきびができたかで一喜一憂したものです。「額が思いにきび」「顎が思われにきび」「左頬が振りにきび」「右頬が振られにきび」など、時代な地域によって多少の変化がありつつも全国的に使われたものでした。

これらのにきびの場所はすべて思春期ににきびができやすい場所です。にきびの悩みを占いで紛らわそうというなかなか素敵な考えです。その中でも頬にきびは症状が悪化しやすい場所と言われています。

ニュープロアクティブ


できやすさでは鼻やおでこの方が上ですが、いったんできてしまうとなかなか治りにくいという特徴があります。鼻や額の場合、毛穴が多い、皮脂の分泌量が多いといったにきびができやすい条件が整っているのに対し、頬にきびの場合は食生活など生活習慣の乱れや、ホルモンバランスの乱れによってできることが多いからです。

思春期の頬にきびの原因としてよく挙げられるのが食生活です。スナック菓子やジャンクフードを食べ過ぎると頬にきびができやすくなるのはよく知られていることです。糖分や脂分が皮脂の分泌を活性化させてしまいそれがニキビの原因となるのです。

乱れた食事がホルモンのバランスを崩すこともあり、それが頬にきびの原因になったりもします。また、頬にきびは思春期だけではなく、大人にもできることがあります。

頬にできた大人にきびは内蔵機能をチェック


とくに最近大人にきびと言われ、大人になってからにきびができる人が増えておりさまざまな問題となっています。頬にきびは内臓の健康状態の影響によってできることもあります。

大人の場合、この内臓機能の低下がおもな原因として挙げられます。とくに胃腸は頬ににきびをもたらす大きな原因と言われています。無理なダイエットや疲労の蓄積で胃腸が弱っていると頬にきびだけでなく、肌荒れなど、肌そのもののトラブルを多く誘発することになります。

対策としてもっとも適しているのは「睡眠」とも言われています。頬のにきびは肌荒れと密接に関わっています。とくに「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる午後10時~午前2時までの間にしっかりと睡眠をとることでかなりの改善を図ることができます。

それからもちろん、食生活。糖分や脂分の多い食事を控えることも重要です。頬にできるにきびは生活環境全般が原因として関わってきます。

予防・改善のためには現在の生活を見直し、環境を改善する努力が求められるでしょう。頬にきびはとくに目立つもの。ひどくなってから悩む前に、早めに対処しておきたいものです。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ