口の周りはにきびができやすいんです

口にきびは大人になってからできる「大人にきび」の代表格と言えます。ニキビといえば思春期によくできるもの、という認識が一般的でしたが、近年、大人になってからにきびができてしまう人が増えていると言われています。

思春期のにきびの場合、成長ホルモンの活発化によるホルモンバランスの乱れや、活発な新陳代謝といった若さならでは原因であり、大人になると自然に治っていくことがほとんどです。

しかし大人にきびの場合はストレスの蓄積によるホルモンバランスの乱れ、睡眠不足による肌の機能の低下、食生活の乱れなど生活習慣と密接に関わっていることが多く、1度できてしまうとなかなか治りにくいという問題点を抱えています。

ニュープロアクティブ


口にきびはそんな大人にきびの代表的な存在です。思春期に口にきびができることはあまりなく、もっぱら大人になってからできるものとなっています。

口のまわりはとくににきびができやすい場所なのです。その理由としては、まずホルモンの影響を受けやすい場所というのが挙げられます。

大人にきびの原因のひとつがホルモンバランスの乱れということは多くの人が知っていることです。ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが活発化し皮脂の分泌量を増やしてしまう・・・というものです。

その影響がもっとも受けやすいのが口周りなのです。男性は口の周りにヒゲをはやします。このことからわかるように口の周りは男性ホルモンの影響を受けやすいのです。そのため、口にきびもできやすくなっています。

また、生理前の女性に口にきびができることもあります。これは女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの働きが活発化したことによります。この黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをするホルモンなのです。

口にきびのもうひとつの原因


口のまわりにニキビができやすい原因のもうひとつは刺激を受けやすいことです。口のまわりはよく動かしたり、食事の際に触れたりして何かと刺激を受けやすい場所です。

外気に触れやすいところでもあり、また男性の場合はさらに髭剃りが加わります。肌が敏感な状態になりやすい特徴がありにきびになりやすかったり、悪化しやすい環境にあるのです。

さらに、内臓の影響を受けやすい場所でもあります。口周りは胃腸の影響を受けやすく、胃腸の機能が低下している場合に口にきびがよくできるのです。

このように、口にきびはその人の内面の問題がそのままあらわれたものと言えます。ですから、治療には外面的なものだけではダメで、生活環境の改善、健康状態の確認といった内面のケアも不可欠になってきます。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ