にきびカバーのファンデーションって実は怖いんです・・

にきびをファンデーションで隠せるかどうかは女性にとっては大きな問題です。近年、大人になってからできる「大人にきび」が話題になっています。

これは思春期のニキビと違い、ストレスや疲労、睡眠不足、食生活の乱れと言った日常生活の問題から発生するものです。ストレス社会ともいわれる現代社会ならではのものとも言えるものですが、とくに社会進出が著しい女性の間に増えていることが指摘されています。

この大人にきびが厄介なのは治りにくいということです。原因が生活習慣の乱れなのですから、その根本的な原因を改善しなくてはなかなか治らず、また治ったとしてもすぐに再発してしまうのです。

ニュープロアクティブ


仕事に忙しい人にとって生活習慣の改善はなかなか難しいもの。それが大人にきびの問題を複雑化しています。にきびができてしまった女性はできるだけ隠したいと思います。その結果ニキビをファンデーションで隠すことになってしまいます。

基本的ににきびをファンデーションで隠すことはすすめられません。にきびに新たな刺激を与えたり、毛穴を詰まらせてしまうなどさらに悪化させてしまう恐れがあるからです。

とくにニキビを隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまうためその傾向はますます強くなります。にきびができている場合はノーファンデーションで過ごすのが望ましいと言えます。

しかし、社会に出ている女性にとってはなかなかそうも言ってられないものです。にきびをファンデーションで隠すだけでなく、メイクは大人の女性にとって最低限のマナーといえるものですし、紫外線対策という意味合いもあります。

にきびを悪化させないファンデーション


その場合はにきびを悪化させないようなタイプのファンデーションを選ぶ必要があります。基本的に肌への刺激が少ないタイプです。まず注意が必要なのは脂分。

ファンデーションの多くは脂分が多いためニキビを悪化させてしまう恐れがあります。ですから、オイルフリーのタイプを選ぶ必要があります。

最近では敏感肌用など、低刺激のファンデーションも増えているので、それらの中から自分に合ったものを見つけ出すのがいいでしょう。また使用する際にはあくまで薄くパウダーのみで乗せる程度にしておくべきです。

にきびをファンデーションで隠す、という意識はなるべく持たないようにしたいもの。それから仕事から帰宅した後などはすぐにメイクを落とすよう心がけることも大事です。

ニキビができている間はできるだけ肌に負担をかける時間を少なくすむように心がけたいものです。このように、にきびができている間はできるだけファンデーションは使わないように、どうしても使う場合には肌に負担をかけないものを選ぶように。しっかりとした対策が必要になります。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ