にきびの位置にはチェックが必要なのです。

にきびの位置にはチェックが必要です。近年増えていると言われている大人のにきび。その特徴はさまざまな位置にできるということです。

思春期のにきびの場合、そのほとんどが鼻と額に集中しており、時折頬にできるという程度でした。しかし大人のにきびの場合、顔のほぼ全域、さらに背中や胸などにもできることがあります。

大人のにきびがさまざまな位置にできるのには理由があります。それはストレスや睡眠不足、あるいは内臓機能の低下など複雑な原因が絡み合っているからで、単にケア不足では片付けられない問題が立ちはだかっているのです。

ニュープロアクティブ


にきびの位置はどこにできるかである程度原因が特定できると言われます。つまり効果的なにきび対策を行うためにはにきびの位置と原因との因果関係をしっかりと把握しておく必要があるということです。

もっともにきびができやすい鼻はとにかく「皮脂」と「紫外線」です。毛穴が多く、皮脂の分泌も活発な鼻はとかく詰まりやすいもの。皮脂が詰まらないよう日々のケアをしっかり行うこと、それから紫外線を浴びやすいので対策をしっかり採ることが求められます。

額も鼻と同じ対策が求められます。さらに自律神経の乱れや睡眠不足によってニキビができることもあるので、その点のケアも求められます。

それから口のまわり。この周辺はホルモンの影響を受けやすい場所です。そのため、ストレスや生活習慣の乱れに注意が必要となります。また、食べすぎにも注意が必要です。とくに甘いものや脂っこいものを食べ過ぎるとにきびができやすくなります。

にきびケアで意外と見過ごされがちなすすぎ不足


顎もホルモンの影響が受けやすい場所です。また、女性の場合、生理前の黄体ホルモンの活動によって顎にニキビができることがあります。頬は女性にできやすい位置です。

婦人病や生理異常、冷え性は便秘など女性に起こりがちな問題から発生することが多いからです。それから糖分や脂分の過剰摂取によってもできやすくなります。思春期の頬ににきびはこのパターンが多いようです。

顔以外ではにきびの位置で注意すべき場所としては背中と頭皮があります。どちらも皮脂の分泌やストレスなどが原因となりますが、注意すべきポイントとしては、「すすぎ不足」が挙げられます。

シャンプーや石鹸などの洗浄成分がすすぎ不足で残ってしまい、それが毛穴を詰まらせてにきびをもたらしてしまうものです。とくに背中は頭皮から流れ落ちたシャンプーが残ってしまうことも多いので注意が必要です。

このように、にきびの位置と原因との因果関係の把握は非常に重要です。もしにきびができてしまった場合は位置によって相応しい対策を採ることができますし、予防にも役立ちます。ぜひしっかり把握しておきたいところです。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ