にきびと内臓の関連性とは

にきびと内臓の間には密接な関連があります。「肌は内臓の鏡」という言い回しがあります。つまり、内臓の不調が肌のトラブルになって現れるという意味です。

内臓と肌とは密接なつながりがあり、体の内部の交不調が外部に現れるのです。最近増えていると言われる大人のにきび。悩まされている人の多くは毎日しっかりスキンケアを行い、毛穴を清潔な状態に整えているにも関わらずできてしまっています。

にきびができる原因がこれといって思い浮かばないことも多く、なかなか解消できない原因になっています。こういったよく原因のわからないにきびの原因の多くは内臓の機能低下によるものと考えられます。

ニュープロアクティブ


このタイプのニキビを改善するためにはにきびと内臓の関連を把握しておく必要があります。にきびができる場所ごとに内臓との因果関係を考えてみると、まず額が挙げられます。

皮脂の分泌量が多く、紫外線に当たりやすいことからにきびができやすい場所として知られる額。逆にそのことが内臓と関係ないような印象を与えてしまっています。

しかし、額は胃腸と密接な関連があり、胃腸の機能が低下することでもにきびができます。それから目のまわりとこめかみ。この周辺は皮脂の分泌量もそれほどでもないため、にきびができる原因の多くが内臓によるものと考えられます。

この周辺は肝臓と腎臓の不調によってにきびができやすくなると言われています。さらに鼻と頬。この2つもにきびができやすい場所だけに内臓との関連が指摘されずにいます。

しかし額同様、単に皮脂の分泌による毛穴の詰まりだけでなく、肺や大腸の不調によってもにきびができます。口のまわりも内臓との関連が密接です。

にきびのできる場所によって内蔵機能の低下を知ることができます


この辺りはホルモンバランスとの関連も密接で、大人にきびができる代表的な場所と言われています。口のまわりは胃腸の関わりが深く、胃腸機能の低下によってにきびができやすくなります。

このように、にきびと内臓の関連は場所ごとに微妙に異なってきます。内臓の不調というのは本人でもなかなか気づかないもの。知らず知らずのうちににきびができてしまうことも少なくありません。

逆に言えば、ニキビによって内臓機能の低下を知ることができるのです。いわばニキビは内臓機能の低下を知らせるシグナルとも言えます。にきびと内臓の関連は体内の健康状態の把握にも役立つのです。

とくに胃腸との関連が深いのが指摘されます。胃腸が悪くなると肌荒れを起こしやすくなるとも言われるように、肌との関連がもっとも密接な場所です。

最近流行のデトックスなどで胃腸に溜まった毒素や老廃物を排出することでにきび解消に効果をもらたすこともできます。にきび対策の際にはにきびと内臓の関連もしっかり把握し最適なケアを行いたいものです。

60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ