にきびは色によって危険度が変わります

にきびの種類は段階によって変化していきます。ニキビはできてから、どんどん悪化していくにつれ症状が変化していきます。その時々にあわせて名称も変わっていきます。

にきびの種類は段階によって数種類にわけられます。それぞれ症状に特徴があるので、自分のにきびが現在どの種類なのか、治療のためにはどのような対策をとったらいいのかを確認する必要があります。

にきびの種類の中でもっとも初期段階なのが「白にきび」です。これはにきびの前段階ともいえるもので「閉鎖面皰」とも呼ばれます。これは毛穴に皮脂がつまったばかり状態で、毛穴からボツボツしたものが見えています。この段階ではまだ毛穴は閉じている状況です。

ニュープロアクティブ


次の段階にいくと「黒にきび」になります。これは「開放面皰」とも呼ばれています。その名の通り、皮脂の毛穴の混合物が毛穴を押し広げてしまい、酸化して黒くなったものです。

そのため黒くボツボツしたものになります。この段階で「にきびができた」と気づくことも多いものです。さらに悪化すると「赤にきび」になります。「丘疹」とも呼ばれ、皮膚に炎症が起こり皮膚が腫れができた状態になります。

誰もが認めるにきびの状態です。これは毛穴に詰まった皮脂や角質をエサにアクネ菌が繁殖したことによって起こる症状です。ここまでくると本格的な治療が必要になり、治療薬や医師の診察などの対策が必要になってきます。

にきび危険度最終段階は黄にきび


にきびの最終段階となるのが次の「黄にきび」です。「膿腫」とも呼ばれます。炎症を起こした肌が悪化したことによって毛穴に膿がたまってしまうものです。

そのため「膿にきび」と呼ばれることもあります。この膿は大変厄介なもので、たまると毛穴を破ったり、真皮を傷つけてしまうこともあります。

膿が広がることでより広範囲ににきびができてしまう恐れもあります。ここまで悪化してしまうと治ってもクレータ状のにきび跡が残ってしまうことが多く、非常に深刻な状態といえます。

治療には皮膚科の診察が必要で、市販の薬などでは治すことはまずできません。これらにきびの種類を見ていくと、にきびが悪化することによってどんどん深刻な状態になっていくことがわかります。

にきびに悩まされないようにするためにはできれば白にきび、あるいは黒にきびの段階できちんとした処置を行う必要があります。たかがにきび、と深刻に捉えない人も多いものですが、黄にきびの深刻さを思えばそうも言っていられないはず。にきびの種類を把握しつつ、早めの対策を心がけたいものです。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ