にきびの芯を潰すのはニキビケアに効果があるの?

にきびの芯を潰してしまっった経験がある人も多いのではないでしょうか。にきびとは、皮脂や角質が毛穴に詰まると、それをエサにアクネ菌が繁殖して炎症などをおこした状態のことです。

その毛穴を詰まらせている棒のようなものをにきびの芯と言います。別名「コメド」とも言います。このコメドが紫外線を浴びたりすることでさらに悪化したり、炎症がひどくなるのです。いわば「諸悪の根源」ともいえる存在です。

にきびのチェックをしていると毛穴から飛び出したにきびの芯を発見できることがあります。これがにきびの根本的な原因なわけですから、取り出したくなる、あるいは潰してしまうたくなる誘惑に駆られるものです。

ニュープロアクティブ


しかし、このにきびの芯だしは実はリスクの高い方法なのをご存知ですか?指で手で簡単に潰してしまうなどもってのほかです。潰すことで芯を除去することはできても、逆にそれが原因で皮膚をいためてしまう可能性もあります。

その傷んだ部分に雑菌が入り込んだり、雑菌が周囲に広がってしまうことがあります。その結果、さらに悪化したり、ニキビの範囲が広がってしまうことがありますし、最悪の場合、皮膚組織が破壊されてしまい跡になって残ってしまうという自体さえ起こります。

このように、にきびの芯の除去は非常に繊細な作業が求められます。最近では自分で芯を取り出すことができる道具も発売されています。この道具は面皰圧子(めんぼうあっし)と呼ばれています。

この面皰圧子のほか、消毒液、ピンセット、綿棒、軟膏などが必要になります。取り出す際には清潔な状態を心がけ、手をよく洗ったり、洗顔でにきびまわりの汚れをよく落としておくことなどの配慮が求められます。

ニキビの芯だしはリスクが高い


ただ、やはり自分で行うにきびの芯だしはリスクが高い治療法であると言わざるを得ません。どうしてもにきびの芯を取りたい場合は皮膚科や美容形成外科など専門技術を持つ機関でやってもらうのがベストです。

なお、にきびの芯だしはニキビの初期症状である白にきびの段階に行うと効果があると言われていますがそれ以降、黒にきび、赤にきびなどに進展している状況で行うと逆効果になってしまう恐れがありますからこの点にも注意が必要です。

芯を見つけてしまうとどうしてもすぐに取り出してしまいたくなる誘惑に駆られる気持ちは分かります。ただ、きちんとした方法でケアも行なわないと逆により深刻な事態を招くことになりかねません。

ですから、どうしても自分でにきびの芯だしを行う場合には事前にしっかり準備して慎重に行なうように注意して下さいね。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ