にきびをつぶすのはリスクが伴います

にきびをつぶす際には細心の注意が必要になります。鏡と向かい合い、顔のにきびを見ているとつぶしたくなる衝動に駆られる気持ちは分かります。

またニキビをつぶし、毛穴に詰まっているにきびの芯を取り出してしまえばにきびは早く治ると思っている人も多いのも事実です。毛穴から見えるにきびの芯(コメド)はにきびの原因とも言えるものです。

これは毛穴の詰まった皮脂の固まりで、これをエサにアクネ菌が繁殖することでにきびが発生・悪化することになります。ですから、このにきびをつぶしてしまえば悪化することもなく治るのです。

ニュープロアクティブ


しかし、にきびをつぶす行為には非常に大きな危険が伴うことをご存知でしょうか?不要ににきびをつぶすことで、毛穴が傷んでしまいます。最悪の場合、毛穴が破れてしまい、跡が残ってしまうこともあります。

また、その傷んだ毛穴から雑菌が入り込み、さらにひどくなることもあります。さらにひどい場合ではつぶしたにきびから雑菌が周囲に広がり、より広範囲ににきびができてしまう可能性もあります。

このように、にきびをつぶすのはかなり難しい行為です。自分で行う場合には充分な準備を行い、細心の注意を払いながら行う必要があります。

にきびをつぶす場合には、毛穴からにきびの芯をそっと押し出します。その際には「面皰圧子(めんぼうあっし)」という道具を使用します。これは薬局やホームセンターで入手できます。それから消毒液やピンセット、芯を取り出した後に患部に塗る軟膏などの準備が必要です。

重要なのは清潔な環境です。不用意ににきびをつぶす際に怖いのは不潔な手で潰すことで雑菌が入り込むこと。事前によく手を洗い、またにきびの部分もしっかり洗顔・消毒を行っておくことなどが必要になります。

にきびのつぶし方(面皰圧子の使い方)


面皰圧子の使い方は、そっとニキビに押し当て芯を押し出すように扱い、押し出された芯をピンセットで取り出すと完了です。後は患部に軟膏を塗って雑菌が入り込まないように清潔に保ちます。

このように作業そのものは簡単なようにも思われますが、芯を押し出すのはそう簡単にはいきません。強くやりすぎては肌にダメージを与えてしまいますから、様子を見ながら何度も軽く押していくという繊細な作業が求められます。

うまくいけばにきびを一気に改善できる効果的な方法ですが、これはあくまで初期のにきび「白にきび」の段階に限られます。「黒にきび」以上に悪化した場合では危険が大きい上、効果があまり望めないため治療法としては適していません。

このように、にきびをつぶすのではなく、あくまで「押し出す」のが正しいにきびの芯だしの方法です。自分でやるのが難しい場合は皮膚科で行なってもらう事をおすすめします。

どちらにしろ、短気を起こして力任せににきびをつぶすようなことは絶対にやらないように注意してくださいね。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ