にきび軟膏(アクアチム軟膏・リンデロンVG軟膏・ゲンタシン軟膏・スタデルム軟膏)

にきび軟膏はいろいろありますが、皮膚科で出されるぬり薬も数種類あります。抗菌剤 アクアチム軟膏は、にきびや吹き出物、可能性の皮膚病に処方され、にきび菌(アクネ菌)やブドウ球菌などを殺菌しニキビの悪化を防ぎます。

ステロイド外用薬のリンデロンVG軟膏は、炎症をとるステロイドのベタメタゾンと細菌を抑える抗生物質のゲンタマイシンを配合、炎症や腫れや赤みを抑え、細菌感染やそのおそれのある湿疹や皮膚炎に処方される軟膏で、皮膚科では化膿したにきびの菌を抑えるために処方されます。

ニュープロアクティブ


リンデロンVGは、ステロイド外用薬の強さとしては1群(もっとも強力)~5群(弱め)の5段階の中の3群(強力)に属し、適度な強さがあるので、いろいろな症状に広く処方される代表的なステロイド外用薬です。

抗生物質外用薬のゲンタシン軟膏も細菌を殺菌する塗り薬で、化膿性の皮膚病に処方されます。主成分は、アミノグリコシド系の抗生物質で、細菌のたんぱく質合成を阻止して殺菌的に作用しますので、これも化膿したにきびに処方される事が多いようです。

消炎鎮痛外用薬のスタデルム軟膏は、皮膚の赤みや腫れをおさえる非ステロイド性の抗炎症薬です。ステロイドほど抗炎症作用は強くない代わりに副作用が少ないので、にきびの炎症を抑えるのに使われます。

にきび軟膏(インテバン軟膏・紫雲膏・アンナザルベエース・クムメル軟膏)


インテバン軟膏の有効成分インドメタシンも非ステロイド抗炎症薬で、にきびの炎症を抑えるために処方されます。市販されているにきび軟膏「ベルクミン」(松浦漢方)は、消炎解毒作用のあるオウバク(黄柏)・ウコン(鬱金)を配合してある皮膚薬で、やけどなど患部が熱を持ったような症状に効果的ですが、にきび軟膏としても効果があるとされています。

また、「紫雲膏」(松浦漢方)は、江戸時代創案の軟膏で、漢方薬の中でも代表的な外用薬です。別名を潤肌膏ともいい、ひびやあかぎれなど皮膚疾患に適していますが、にきび用としても使用されます。

エスエス製薬のにきび軟膏「アンナザルベエース」は、消炎剤グリチルレチン酸を配合、にきびの先を柔らかくして毛穴を開き、つまった皮脂の排出を促し、余分な皮脂を吸収して患部を乾燥させ、腫れを鎮めると同時に細菌による炎症や化膿を抑える、のびがよくてべとつかないにきび治療薬です。

大和製薬のにきび軟膏「クムメル軟膏」は、大豆レシチンを配合した肌がかさつかないにきび薬です。このようにいろんな種類のにきび軟膏がありますが症状にあわせて適切なものを選びたいものです。

ニキビケアランキング

ニキビケ アランキング

 


60日間使用後でも返金保障のお試しキャンペー中!
ニキビ予防はプロアクティブ